no-image

お風呂の床から石鹸カスを除去する方法

お風呂の床から石鹸カスを除去する方法を紹介します。しつこい石鹸カスをスッキリさせる方法です。真っ白な色をしているため水垢と見分けがつきづらいですが、除去の難易度はこちらのほうが簡単なので、がんばってチャレンジしてみてください。
石鹸カスは白くて粉っぽい見た目をしており、浴室などでよく見かける。石鹸とミネラル分(カルシウム、マグネシウム)が反応したときに出てくる。

準備する掃除道具

炭酸ソーダ
アルカリ性を示す金属炭酸塩。重曹ほどの知名度はありませんが、汚れを落とす力が強く、住まいの掃除でも十分活躍してくれます。
ブラシ
お風呂の床みたいにくぼみがある場所は、スポンジよりもブラシが効果的です。毛先が短くてコシのあるブラシを持っているなら快適な作業ができます。
ゴム手袋
強いアルカリ性を示す炭酸ソーダは、素手で使っていると手荒れを起こします。作業中は必ずゴム手袋を装着しましょう。
タオル
お風呂の床は濡れた状態だとキレイになったかどうかわかりづらいです。手直しをしなくていいように最後はタオルで拭きあげましょう。

石鹸カスの落とし方

石鹸カス
1. 床の状態を確認する 掃除を始める前のチェックは必須です。全体をぐるりと見回して異常がないか確認してから作業を始めましょう。
2. 炭酸ソーダを塗ってブラシでこする お湯に溶かした炭酸ソーダを塗布し、すかさずブラシでこすります。小さな円を描くように手を動かすと、キレイな仕上がりになりやすいです。
床
3. すすぎをしてタオルで拭く 目視と手の感触でキレイになったのを確認できたらシャワーですすぎをして終わり。最後にタオルで拭きあげて取りこぼしがないかを確かめてください。

コツ・ポイント

表面がザラザラしている床(INAXのサーモフロアなど)は、定期的に掃除をしてあげないと石鹸カスが張り付いてしまいます。ただアルカリのpHを上げれば意外とすんなり落ちてくれるので、久しぶりに掃除をするときは試してみるといいかもしれません。