浴槽の下に溜まったスカムの掃除方法

浴槽の下に溜まったスカムの掃除方法を紹介します。安全な洗剤を使ってキレイにする方法です。あいにく大量のカビが生えている状況は得意じゃありませんが、それ以外ではいい仕事をしてくれます。

洗剤・清掃用品

浴槽の下を掃除するときは、張りついている汚れを引き剥がす洗剤が必要です。今回は以下のアイテムを用意しました。

弱アルカリ洗剤
浴槽下部に溜まる汚れと相性のいい弱アルカリ洗剤。コロイド洗剤のエコソフィは洗浄面に張りついている汚れを引き剥がし、再付着まで防いでくれる使い勝手のいい洗剤です。
スポンジ
すすぎや汚れの除去で活躍するスポンジ。浴槽の下部では目詰まりしにくい不織布のスポンジ(S.M.S.Japanのアクアパッドなど)を用意しておくと快適な掃除ができるでしょう。
洗車ブラシ
柄の長い洗車ブラシは、奥側をゴシゴシするときに重宝します。おすすめは毛が細くてやわらかいタイプ。筆みたいになっているやつは水分をたっぷり含んでくれて洗剤も塗りやすいです。
ゴム手袋
手荒れの予防というより、ケガ防止の意味合いが強いです。浴槽の下側はバリ取りがされておらず、手が傷だらけになります。ゴム手袋はなるべく厚手のものを用意しましょう。

道具はこれで全部。エコソフィの詳細を知りたい場合は、以下の記事を参考にしてください。おすすめポイントと使いどころを紹介した記事です。目を通しておけば、より美しい仕上がりが手に入るでしょう。

スカムの落とし方

浴槽の下に溜まるスカムの落とし方は。洗剤を塗ったあとにゴシゴシするだけです。力を込める必要はありません。シャワーでのすすぎに時間を掛ければ、誰がやっても上手くいきます。詳しくは次のとおり。

  1. 浴槽の化粧カバーを取り外す
  2. 5倍に薄めた洗剤を塗布
  3. 侵透するまで10分くらい待つ
  4. ブラシやスポンジでゴシゴシ
  5. シャワーでしっかりすすぐ

これでスカムまみれだった浴槽の下部がスッキリします。化粧カバーの取り外し方については、①ストッパーやビスを外す。②化粧カバーを上に持ち上げて手前に引く。大体はこの手順で外せます。

実際に掃除してみました。

スカム

清掃前

何とも表現しづらい汚れが浴槽の下側に溜まっています。おそらくカビが生える一歩手前といったところ。これが酷くなるとチョウバエが卵を植え付けて、お風呂を飛び回るわけです。

浴槽下部

清掃後

浴槽の下側に清潔感が戻ってきました。軽く洗浄しただけなのに先ほどの写真とは別物みたいです。ここまでキレイになるなら、塩素系漂白剤に頼らなくてもメンテナンスしていけるのではないでしょうか。

コツ・ポイント

浴槽の下に溜まっているのはゴミですから、排水溝に流すことはできません。実際に作業をするときはゴミ袋を用意し、かたまりになっているものはそちらへ捨てるようにしてください。