タオル掛けの水垢をカンタンに落とす方法

タオル掛けの水垢をカンタンに落とす方法を紹介します。わずか10分でスッキリさせる方法です。手順としてはよくあるものですが、単なる水垢の落とし方とは思えないほどキレイになります。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

タオル掛けの水垢を落とすときは、洗剤の他に研磨剤があると便利です。今回は以下のアイテムを選びました。

クレンザー
タオル掛けの水垢にはクレンザーが有効です。わたしが選んだのはコスケムの『びっくり粉』。液体と粉末から選べるクレンザーを使う場合は、粉末のほうを選ぶと高い洗浄力を得られます。
酸性洗剤
酸性洗剤は同じメーカーがいいだろうと思って、コスケムの酸性ヌリッパーにしました。これはゆっくり効いていく酸性洗剤です。クエン酸などがあれば代用してもらって構いません。
スポンジ
クレンザーと同じくらい大切なスポンジ。理想は汚れを落とす能力が高く、傷の心配をしなくていいもの。NCAのファブリックシート(青)はその条件を満たした素晴らしいスポンジです。
ゴム手袋
住まいの掃除に欠かせないゴム手袋。使い捨てができるペラペラのやつは、すぐ水が入ってくるためおすすめできません。お風呂掃除では破損や浸水の心配がない厚手のやつを用意しましょう。

水垢の除去に必要な道具はこれで全部です。使い方については次の項目で説明しています。掃除の基本みたいな使い方です。タオル掛けに昔の輝きを取り戻すために、しっかりチェックしてください。

水垢の落とし方

どんな手順でやるの?

タオル掛けの水垢を落とすには、全部で4つのステップが必要です。4つといっても大変ではありません。流れとしては酸性洗剤で柔らかくした水垢をスポンジでこするというものです。詳しくは次のとおり。

  1. 酸性洗剤を万遍なく塗る
  2. そのまま5分くらい待つ
  3. クレンザーでゴシゴシ
  4. シャワーで丁寧にすすぐ

これだったら10分で何とかなりそうですね。酸性洗剤を塗ったあとの待ち時間については汚れ具合によって変えてください。5分はあくまで目安です。必ずしもきっちり守る必要はありません。

実際にやってみました。

水垢

清掃前

タオル掛けの下側に水垢が出てモヤッとしています。美しい光沢は影をひそめており、本来の輝きは感じられません。このままだと全体に水垢が広がって、すべてが真っ白になってしまうかもしれません。

タオル掛け

清掃後

タオル掛けに輝きが戻ってきました。下側に出ていた水垢も消えており、汚れた設備にありがちな『くたびれた雰囲気』もありません。これでまたひとつ清潔感がアップして理想のお風呂に近づきました。

コツ・ポイント

タオル掛けをピカピカにするコツは、見えない場所ほど丁寧に磨くことです。人は無意識のうちに面倒な場所を避けます。裏側、パーツの繋ぎ目、手が届きにくい場所ほどしっかり磨きましょう。