浴槽 | へりを白くする水垢の落とし方

浴槽のへりを白くする水垢の落とし方を紹介します。サクッと5分で終わらせる方法です。パワフルな洗剤を使うため安全には配慮が必要ですが、最後はピカピカの浴槽に生まれ変わります。

洗剤・清掃用品

へりの水垢をサクッと落とすには、洗剤の選び方が大切です。ムダのない掃除ができるようによく考えて選びましょう。

酸性洗剤
へりの水垢を落とすときに役立つ酸性洗剤。みんなが大好きなクエン酸は、残念ながら使えません。その代わりとして文化雑巾のヴィーナスみたいにパワフルな洗剤を選びましょう。
スポンジ
浴槽の掃除ではスポンジ選びも大切です。求められているのは水垢をしっかりキャッチして浴槽を傷つけないもの。MFスクラブスポンジはその条件を満たした頼りになるスポンジです。
タオル
仕上げ用に1枚。最後にサッと拭いてあげると、ピカピカになったへりが顔を出します。水垢の除去に直接関係はありませんが、どれくらいキレイになったかを見れる必須アイテムです。
ゴム手袋
手荒れやケガを防いでくれるゴム手袋。パワフルな洗剤を扱うときには欠かせないアイテムです。今は100均でも買えますから、掃除用にひとつ持っておくといいでしょう。

これで準備完了です。パワフルな洗剤を選んだのは、水垢へと瞬時に浸透するからです。クエン酸では時間が掛かりすぎます。今回みたいに時間制限があるときは、なるべく瞬発力のあるものを選びましょう。

水垢の落とし方

浴槽のへりをキレイにする方法は、酸性洗剤で柔らかくした水垢をスポンジでかき取るというものです。むずかしい作業は何もありません。以下の手順どおりにやれば誰でも5分で落とせます。

  1. 酸性洗剤を塗る
  2. すかさずこする
  3. シャワーで流す

平凡な手順に驚いたかもしれませんが、これさえやっておけば水垢が残ることはありません。なぜなら、へりの水垢は鏡に出てくるものと違って共有結合が起こりづらく、洗剤が侵透すればボロボロと崩れるからです。

実際にやってみたときの様子をビフォーアフターで見てみましょう。

水垢

清掃前

白い水垢のせいで照明の反射がぼやけています。浴槽と同じ色をしていてわかりづらいですが、なかなかの量です。このままでは清潔感が失われるだけでなく、他の汚れまで呼び込んでしまうかもしれません。

浴槽

清掃後

水垢が落ちてピカピカのへりが顔を出しました。どうやら洗剤がうまく効いてくれたようです。何かがガラリと変わったわけではありませんが、掃除をする前よりキレイになったことは伝わったと思います。

コツ・ポイント

浴槽のへりを掃除するときは、小さな円を描くようにゴシゴシやると水垢も落ちやすいです。これはハウスクリーニングの基本的な技術なので、思うようにキレイにならないときは手の動かし方を変えてみてください。