浴室 | 石鹸カスの落とし方を初心者向けに解説

石鹸カスの落とし方を初心者向けに解説します。わかりやすさを重視した手順です。予備知識なしで落とすのはむずかしい汚れですが、これを見ておけば初めての人もすぐキレイにできるでしょう。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

石鹸カスを簡単に落とすには、よく浸透する洗剤が必要です。今回は以下のアイテムを用意しました。

酸性洗剤
石鹸カスによく効くのは酸+溶剤入りの洗剤です。個人的におすすめなのは文化雑巾のマクビーという酸性洗剤。分厚い石鹸カスをズルッと剥ぎ取ってくれるパワフルな洗剤です。
スポンジ
デリケートな素材がたくさん使われている浴室では、なるべくやわらかいスポンジで掃除をしましょう。スポンジの選び方がわからないときはMFスクラブスポンジにしておけば間違いありません。
タオル
拭き取り用に1枚。掃除をやったあとは自然乾燥させる人がほとんどだと思いますが、浴室の汚れは乾くと浮き出てくるものがたくさんあります。あとで手直しをしなくていいようにタオルを用意しておきましょう。
ゴム手袋
住まいの掃除では欠かせないゴム手袋。手が汚れるのを防いでくれるだけでなく、手荒れやケガの防止までしてくれます。今は100均でも買えますから、洗剤を扱うときは用意しましょう。

この4つがあればキレイにできます。自宅に何かしらの酸性洗剤がある場合は、それから試すといいでしょう。いきなり新しい洗剤を買うのは勇気がいります。まずは様子見でテストをしてみましょう。

石鹸カスの落とし方

どんな手順でやるの?

石鹸カスの落とし方は酸性洗剤を塗ったあとにスポンジでこするというものです。湿布をしたりしません。なるべく簡単にわかりやすくキレイにするのがこの手順の魅力です。詳しくは次のとおり。

  1. 酸性洗剤を塗る
  2. 何もせず15分待つ
  3. スポンジでこする
  4. シャワーですすぐ

掃除のお手本みたいな手順ですね。酸性洗剤を塗ったあとの待ち時間については、汚れ具合によって変えてください。15分はあくまで目安です。慣れるまでは短めでもいいかもしれません。

実際にやってみました。

石鹸カス

清掃前

浴室のカウンターです。石鹸カスのせいで全体が白くなっており、本来の輝きはどこかへ消えてしまっています。これではおしゃれな浴室の魅力を存分に感じることができません。

浴室

清掃後

カウンターに輝きが戻ってきました。基本的なことしかやっていないのに、なかなかの仕上がりです。このように石鹸カスが落せれば、浴室の印象は大きく変わります。あなたの家も例外ではありません。お試しください。

コツ・ポイント

石鹸カスにはいくつか種類があります。浴室でよく見かけるのは酸性石鹸と金属石鹸の2つ。今回の手順はこのどちらにも対応しているので、よくわからない場合でも安心して掃除をしてください。