エプロン内部にカビが生えたときの対処法

エプロン内部にカビが生えたときの対処法を紹介します。真っ黒なカビがスッキリする方法です。決して派手な掃除ではありませんが、たまにやってあげると清潔な浴室を維持できます。

洗剤・清掃用品

エプロン内部のカビをスッキリさせるには、漂白剤を使うのが手っ取り早いです。今回は以下のアイテムを用意しました。

塩素系漂白剤
カビの除去でお馴染みの塩素系漂白剤。においが強かったり、すすぎが大変だったりと扱いづらさもありますが、強力に除菌したい場所ではこれがないと始まりません。
スポンジ
シャワーですすぐときのサポート用に。洗剤の成分を残さないためには、スポンジでゴシゴシしながら水を流すのが一番です。目詰まりしにくいSMSのアクアパッドなどがあると快適に掃除できるでしょう。
洗車ブラシ
塩素系漂白剤を塗ったり、奥側の掃除をするときに重宝します。毛先がやわらかいタイプの洗車ブラシを選んでおくと、一度にたくさんの洗剤を塗れてサクサク掃除ができます。
ゴム手袋
洗剤による手荒れの予防というより、ケガ防止の意味合いが強いです。エプロン内部はすり傷ができやすい場所です。ケガをしては掃除どころではなくなってしまうので、必ず用意しましょう。

必要なアイテムはこれで全部です。塩素系漂白剤については家にあるものを用意してください。エプロン内部の掃除ではどこのやつを選んでも大差ありません。まずは身近なものから試しましょう。

カビの落とし方

エプロン内部のカビは、塩素系漂白剤があればカンタンに落とせます。技術や経験は関係ありません。誰がやってもキレイな仕上がりになるのがこの手順の魅力です。詳しくは次のとおり。

  1. エプロンカバーを取り外す
  2. 10倍に薄めた洗剤を塗布
  3. カビが消えるまで待つ
  4. ゴシゴシしながらすすぐ

これでカビだらけのエプロン内部もスッキリします。ひとつ気をつけてほしいのはゴミの処理。掃除によって出たゴミを排水溝へ流すと詰まりの原因になります。あとで困らなくていいようにゴミ袋へ捨てましょう。

実際に掃除してみました。

カビ

清掃前

ものすごい量のカビが発生しています。いくら汚れやすい浴室だとしても、さすがにこれはよくありません。このままだとエプロン内部にチョウバエが発生し、そのうち浴室を飛び回るでしょう。

エプロン内部

清掃後

エプロン内部に清潔感が戻ってきました。黒いカビは完全に消失し先ほどの状態とは別物みたいです。これでチョウバエが飛び回る心配もなくなり、安心して入浴できるようになりました。

コツ・ポイント

断熱材が貼られている浴槽は、塩素系漂白剤が使えません。そういった浴室のエプロン内部を掃除するときは、取扱説明書や注意書きをよく確認し、メーカーの指示に従ってお手入れしてください。