保存版 | お風呂の壁に発生した水垢の落とし方

お風呂の壁に発生した水垢の落とし方を紹介します。アクリルパネルの壁をピカピカにする方法です。パワフルな洗剤を使うため安全管理は欠かせませんが、普段の掃除より美しい仕上がりに期待できます。

洗剤・清掃用品

アクリルパネルの水垢を落とすときは、素材を傷つけないもので掃除をすることが大切です。今回は以下のアイテムを用意しました。

酸性洗剤
水垢の除去に欠かせない酸性洗剤。穏やかな効き目のクエン酸では時間がいくらあっても足りません。なるべく短時間で終わらせるために文化雑巾のヴィーナスという洗剤を使います。
スポンジ
アクリルパネルの壁が洗えるスポンジはそう多くありません。何を使えばいいのか判断できないときはMFスクラブスポンジを試してみてください。素材を優しく洗い上げる数少ないスポンジです。
スクイジー
水垢の取りこぼしを見つけるときに役立ちます。使い方は濡れている壁をサッと撫でるだけ。ちょっとした水垢がすごく目立つ場所だけに、掃除の際は必ず用意しましょう。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。パワフルな洗剤を使う場面では、必須とも言えるアイテムです。今は100均でも買えますから、掃除用にひとつ持っておくといいでしょう。

壁の水垢を落とすのに必要なのはこれで全部です。使い方については次で説明しています。安全に水垢を除去するための使い方です。失敗をしなくていいようにしっかり確認しておきましょう。

水垢の落とし方

水垢の落とし方は、酸性洗剤を塗ったあとにスポンジでこするというものです。力を込める必要はありません。ウソみたいな話ですが、今回の手順は壁を撫でるだけで水垢が落ちていきます。詳しくは次のとおり。

  1. 水垢に洗剤を塗る
  2. スポンジでこする
  3. シャワーですすぐ

これ以上ないくらい簡単な手順ですね。ひとつだけ注意してほしいのは養生。何度も言っているようにパワフルな洗剤です。関係のないところに垂らすと問題を起こすので、鏡や床に水を撒きながら作業をしましょう。

実際にやってみました。

水垢

清掃前

水垢のせいで照明の映り込みがぼやけています。シャワーで水を掛けてもじとーっと広がるだけで清潔感がありません。このままだと光が正しく反射されず、お風呂全体が暗くなってしまいます。

壁

清掃後

照明がちゃんと見えるようになりました。作業時間は写真の範囲で10秒かからないくらい。水垢が落ちたおかげで表面がツルツルになり、新品のときと変わらない撥水性が戻ってきました。

コツ・ポイント

ここまで説明してきた水垢の落とし方は、洗剤を塗ってから流すまでの時間が短いほど上手くいきやすいです。実際にやるときは範囲を細かく区切って、洗剤が壁に触れている時間を減らしてあげてください。