浴槽のふちがピカピカになる水垢の落とし方

浴槽のふちがピカピカになる水垢の落とし方を紹介します。真っ白になった浴槽を生まれ変わらせる方法です。本来は鏡をキレイにするための技術ですが、それを忘れてしまうくらいの効果があります。

洗剤・清掃用品

浴槽のふちに出ている水垢を落とすには、ちょっと変わったアイテムが必要になります。詳しくは以下を参考にしてください。

酸性洗剤
水垢をやわらかくする前処理剤として利用します。強力な洗剤は必要ありません。むしろ、リン酸とオキシ酢酸を配合したコスケムの酸性ヌリッパーくらいのパワーがあれば十分です。
スクレーパー
別名:1枚刃(いちまいば)。カミソリみたいに鋭い刃先で厚みのある汚れをザクザク削ります。洗剤を早く浸透させたいときは、あらかじめスクレーパーで粗く削っておくと時短になります。
ハンドポリッシャー
ハウスクリーニングでよく使われているハンドポリッシャー。電気ドリルよりもトルクがあり、押さえつけても回転が止まりません。たくさんの水垢を落とすときにあると便利です。
研磨剤
わたしが用意したのはMIYAKIの『しゃらく』というガラス用の研磨剤。普通は浴槽に研磨剤なんて使いませんが、白パッドを装着したハンドポリッシャーがあれば面白い結果になります。

浴槽のふちをキレイにするための道具はこれで全部。ゴム手袋やタオルに関しては、各自の判断で用意してください。なくても掃除はできますが、あって困るものでもありません。お好みでどうぞ。

水垢の落とし方

浴槽のふちに出た水垢の落とし方は全部で5工程。流れとしては厚みのある水垢を少しずつ薄くしていき、最終的にピカピカの浴槽へ生まれ変わらせるというものです。詳しく見ていきましょう。

水垢

1. 酸性洗剤で前処理をする

前処理とは、水垢の除去をスムーズに行うための下準備です。上の写真みたいにすくすくと成長した水垢を落とすときは、あらかじめ酸性洗剤で前処理して、あとの作業に備えましょう。

2. スクレーパーで水垢を削る

前処理が済んだらスクレーパーで厚みのある水垢を削っていきます。全部を落としきる必要はありません。基本的には厚みのあるところを中心に7~8割くらい削れたらOKと考えてください。

3. 適量の研磨剤を塗る

ひと通り水垢が削れたら研磨剤を塗っていきます。塗布する量は小指の先に乗っかるくらい。たくさん塗りすぎるとシャワーですすぐときに大変なので、ほどほどにしておきましょう。

4. ハンドポリッシャーで磨く

白パットを装着したハンドポリッシャーで残った水垢を一気に落としていきます。その際、浴槽の表面が乾いて熱を持つようなら、ちょっとだけ水を足してクールダウンさせください。

浴槽

5. できあがり

浴槽のふちを白くしていた水垢が完全に消えました。さすがハンドポリッシャーです。手作業ではどれだけ時間が掛かるかわからない作業をわずか5分で終わらせるなんて、すごいとしか言いようがありません。

コツ・ポイント

ここまで説明してきた手順には、水垢を落とす働きの他に浴槽のツヤ出し効果もあります。くたびれてツヤがなくなった浴槽にも最適ですので、あなたらしい使い方を見つけてください。