浴室 | 水栓金具の掃除を1分で終わらせる方法

水栓金具の掃除を1分で終わらせる方法を紹介します。水垢と石鹸カスが同時に落とせる方法です。あいにくヘビー級の汚れには対応していませんが、ぱぱっと掃除したいときにちょうどいいと思います。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

水栓金具の掃除を1分で終わらせるには、洗剤に頼らない道具が必要です。今回は以下の2つを用意しました。

スポンジ
水垢や石鹸カスを物理的に落とすスポンジ。メラミンスポンジではありません。ここで求められているのは、NCAのファブリックシート(青)みたいに単体で汚れが落とせるスポンジです。
タオル
仕上げ用に1枚。水栓金具みたいにメッキ加工されたものは、最後に乾拭きしてあげるとピカピカに光ります。10秒もあれば終わる作業です。めんどくさがらずにやってみましょう。

1分で掃除を終わらせるというだけあって、かなりシンプルな組み合わせです。それぞれの役割について簡単に説明しておくと、スポンジが汚れ落としを担当し、タオルが光沢アップを担当しています。

あと、メラミンスポンジを選ばなかったのは、水栓金具を傷つける可能性があるからです。あれは網目で引っ掻くように汚れを落とします。水栓金具とは相性がよくないので、絶対に使わないでください。

汚れの落とし方

どんな手順でやるの?

続いては、水栓金具をキレイにするための手順を説明していきます。使うのは先ほど説明したスポンジとタオルのみです。むずかしい作業は何もありません。詳しくは次のとおりです。

  1. 水を流しながらスポンジでこする
  2. タオルで水分を拭き取る
  3. 取りこぼしのチェックをして完成

簡単すぎて逆に心配になるパターンですね。どうしてこれでキレイになるかというと、用意したスポンジに秘密があるからです。

ファブリックシートみたいなスポンジは、砥粒と呼ばれる研磨剤が配合されています。この研磨剤は水栓金具より柔らかく、汚れより硬いという絶妙なバランスに調整されており、普通に磨くだけで設備がピカピカになります。

だから何の心配もありません。実際にやってみました。

水垢

清掃前

水栓金具全体が白っぽくなっており、せっかくの輝きが失われています。印象としては、なんだかくたびれた感じ。このままだと輝きだけでなく掃除のやる気まで失われてしまいそうです。

水栓金具

清掃後

サクッと掃除をしたら水栓金具に輝きが戻ってきました。明るさ、清潔感、とても1分で仕上げたものとは思えません。ここまでキレになってくれるなら、あまり気分が乗らなくても、やる気が出るのではないでしょうか。

コツ・ポイント

水栓金具の掃除をするときは、水を流しながらゴシゴシやるといいです。そうすると『スポンジの目詰まり防止』『水栓金具を傷から守る』などのメリットがあるので、コツ的なものとして覚えておいてください。