驚きの白さ!カビが生えた手すりの掃除方法

カビが生えた手すりの掃除方法を紹介します。黒くてポツポツしたカビに効果的な方法です。お風呂掃除はやることがたくさんあって大変ですが、手すりがキレイになれば少しは楽になります。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

手すりのカビを落とすときに必要なのは、漂白力のある洗剤とそれをサポートする清掃用品です。今回は以下の4つを用意しました。

塩素系漂白剤
次亜塩素酸ナトリウムを配合したもの。わたしがよく使うのは、エコモンドのカビ取り剤。世間でカビに効くと言われている過酸化水素水、過炭酸ナトリウム、酸性洗剤は残念ながら役に立ちません。
スポンジ
すすぎのサポート用に1つ。塩素系漂白剤はパンチの効いた洗剤です。ただ水を流すだけでは成分やニオイが残ってしまうので、スポンジでこすりながらカビ取りの形跡を洗い流しましょう。
タオル
塩素系漂白剤の拭き取り用に。手すりのカビ取りをやっていると、床や壁にポタポタと垂れてしまうことがよくあります。脱色や変色といったトラブルを防ぐためにも必ず用意しましょう。
ゴム手袋
手荒れやケガを防いでくれるゴム手袋。使い捨てのやつは薄すぎて破れるし、水が入ってきてビショビショになるし大変です。お風呂掃除ではなるべく厚手のやつを用意しましょう。

これで準備完了です。塩素系漂白剤について説明しておくと、どれを選んでも同じではありません。同じ条件で比べると違いがよくわかります。少しでもいい仕上がりにするために、いろいろ試してみてください。

カビの落とし方

どんな手順でやるの?

カビの落とし方は掃除の基本どおりです。むずかしい作業はひとつもありません。わずか4ステップでキレイになりますから、以下の手順を参考にチャレンジしてみてください。

  1. カビ取り剤をすき間なく塗る
  2. 垂れたものをタオルで拭き取る
  3. 30分くらいそのまま放置する
  4. シャワーですすぎをして乾かす

これさえやっておけば、とりあえずは安心です。1回でキレイにならない場合は、上記の手順を繰り返してください。カビが少しでも薄くなっていれば続ける意味はあります。実際にやってみました。

カビ

清掃前

ポツポツとした黒カビが手すり全体を覆っています。本来の白さは失われてしまっており、肝心の清潔感がどこにも見当たりません。このままだといずれ交換という残念な結末を迎えるでしょう。

手すり

清掃後

カビが消えて手すりが生まれ変わりました。雰囲気、清潔感、掃除をする前とは別物のようです。これなら素手でさわっても平気ですし、大変なお風呂掃除も少しは楽になるでしょう。

コツ・ポイント

カビが生えた手すりをピカピカに仕上げるには、塩素系漂白剤を手すり全体に塗ってあげることが重要です。カビが出ていないところにも塗布しておけば、全体の明るさが揃って3割増しでキレイに見えます。