お風呂掃除の基本 | 白い汚れの落とし方

お風呂に発生する白い汚れの落とし方を紹介します。石鹸カスと呼ばれる汚れの落とし方です。内容は掃除の基本みたいなことばかりですが、覚えておくとツラいお風呂掃除が楽になります。

洗剤・清掃用品

お風呂の白い汚れを落とすには、まず洗剤を選ばなければなりません。今回は以下のアイテムを用意しました。

酸性洗剤
お風呂の白い汚れに効くのは酸性洗剤。理想は穏やかな効き目の成分を配合していて、効果が長続きするようにと粘性を持たせてあるもの。サクラのスッキリ酸はその条件を満たした扱いやすい洗剤です。
スポンジ
酸性洗剤によって浮き上がった汚れをズルッと剥がしてくれるスポンジ。どれを選べばいいのか判断できないときは、サンワのMFスクラブスポンジを試してみてください。
ブラシ
白い汚れが床に出ている場合は、スポンジではなくブラシを用意してください。おすすめは毛足が短くてコシのあるもの。今は床専用のブラシもたくさんありますから、探してみてください。
ゴム手袋
水まわりの掃除に欠かせないゴム手袋。手が汚れるのを防ぐだけでなく、手荒れやケガの予防にも役立ちます。今は100均でも買えますから、掃除用にひとつ持っておくといいでしょう。

お風呂では定番のアイテムばかりです。洗剤選びについてはいつもほど厳しくはありません。クエン酸やリン酸でもそれなりに落ちます。普段の掃除で使っているものがあるなら、まずそちらを試しましょう。

白い汚れの落とし方

白い汚れの落とし方は、酸性洗剤を塗り込んだあとにスポンジでこするというものです。大変な作業は何もありません。冒頭でも言ったように掃除の基本だけでキレイになるのがこの手順の強みです。詳しくは次のとおり。

  1. 酸性洗剤を塗る
  2. 15~30分待つ
  3. スポンジでこする
  4. シャワーですすぐ

たったこれだけで白い汚れが落とせます。ひとつ注意してほしいのは、設備が濃い色だった場合。洗剤を使う以上、色抜けの心配がないわけじゃありません。必ず説明書の確認をしてから掃除を行なってください。

実際にやってみました。

石鹸カス

清掃前

黒色のカウンターが真っ白になっています。濃い色の設備だとかなりインパクトです。このままではどんどん清潔感が失われていき、いずれ手が付けられないくらい悲惨な状況になってしまいます。

お風呂

清掃後

カウンターがピカピカになりました。心配していた色抜けは起きておらず、仕上がりも同じ設備かと疑うレベルです。まさに劇的ビフォーアフター。ここまでキレイになるならやる気も出てくるのではないでしょうか。

コツ・ポイント

お風呂の白い汚れを落とすには、スポンジの使い方が大切です。具体的には小さな円を描くように動かすこと、目詰まりしないようにマメにすすぐこと。この2つはしっかり守りましょう。