お風呂 | 天井のカビ取りを初心者向けに解説

天井のカビ取りを初心者向けに解説します。拭いても落ちないカビをスッキリさせる方法です。上を向いた作業になるため大変ではありますが、これをやればお風呂の天井が生まれ変わります。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

天井のカビ取りを行なうには、漂白力のある洗剤といくつかの道具が必要です。今回は以下の4つを用意しました。

塩素系漂白剤
カビ取り剤やブリーチ剤と呼ばれるもの。次亜塩素酸ナトリウムが入っているなら何でも構いません。お風呂やキッチンで使っているものがあるなら、そちらを用意しましょう。
バケツ
掃除の定番アイテムでありながら、お風呂ではあまり見かけないバケツ。天井の掃除では洗剤を入れておく容器として使います。もしバケツがなければ洗面器を代わりに用意してもOKです。
タオル
洗剤を塗るときに役立ちます。洗車ブラシでバシャバシャ塗っていくのもありですが、それだと漂白剤がボタボタ垂れてきて危ないです。時間が掛かっても安全な方法でやっていきましょう。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。アルカリ洗剤や塩素系漂白剤を素手でさわると、手のたんぱく質が分解されてヌルヌルします。掃除をするときはなるべくゴム手袋を着用しましょう。

これで天井のカビ取りをやっていきます。作業をするときの服装については、捨ててもいいTシャツなどを選んでください。塩素系漂白剤は服も脱色します。お気に入りの服などは着ないようにしましょう。

カビ取りの方法

どんな手順でやるの?

カビ取りの方法は、塩素系漂白剤を染み込ませたタオルで天井を拭くというものです。ただの拭き掃除と侮ってはいけません。この手順には天井をキレイにすると同時にカビの予防効果もあります。詳しくは次のとおり。

  1. 水を張ったバケツを用意する
  2. キャップ1杯の塩素系漂白剤を入れる
  3. その中にタオルを浸し硬く絞る
  4. 硬く絞ったタオルでお風呂の天井を拭く
  5. 30分待ったらシャワーですすぐ

これでカビが消えます。ひとつだけ注意してほしいのは換気。水で薄めているとはいえ塩素系漂白剤です。作業をするときは換気扇を回し、ドアを全開にするのを忘れないでください。実際にやってみました。

カビ

清掃前

天井のあちこちにカビが発生しています。全体的に色がくすんでおり、本来の白さは完全に消えています。このままでは天井から降ってきたカビの胞子によって、お風呂がカビだらけになってしまうかもしれません。

天井

清掃後

天井のカビが消え本来の白さが戻ってきました。やはり塩素系漂白剤はパワーがありますね。ここまでキレイになれば上からカビの胞子が降ってくることもなくなりますし、お手入れもやりやすくなるでしょう。

コツ・ポイント

塩素系漂白剤を使ったカビ取りは、希釈倍率を変えたり放置時間を変えたりとフレキシブルな対応ができます。カビの状態は各家庭によって様々です。いろいろ試して自分に合ったやり方を見つけてください。