お風呂のドアに発生する石鹸カスの落とし方

お風呂のドアに発生する石鹸カスの落とし方を紹介します。白くてガサガサした汚れの落とし方です。何かとめんどくさい汚れだけに苦労している人も多いですが、やり方次第ではすんなりキレイにできます。

洗剤・清掃用品

石鹸カスにはいくつか種類があります。今回キレイにするのは金属石鹸と呼ばれる石鹸カス。除去には以下のアイテムが必要です。

酸性洗剤
お風呂のドアを白くする石鹸カスには酸性洗剤が有効です。なかでも酸+溶剤でキレイにするタイプは不溶性の汚れに強く、その条件を満たした文化雑巾のマクビーは驚くほどの効果を発揮します。
スポンジ
スポンジはドアを傷つけないものが理想です。おすすめはMFスクラブスポンジ。マイクロファイバーが編み込まれたこのスポンジは、くぼみがある半透明の部分も優しく洗い上げます。
洗車ブラシ
お風呂のドアに洗剤を塗布するときに使用します。スポンジと同様に傷をつける心配があるものは使えません。毛先が筆のように柔らかく、洗剤をたくさん含むものを選びましょう。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。酸+溶剤のダブルパワーでキレイにする洗剤にゴム手袋は欠かせません。今は100均でも買えますから、掃除用にひとつ持っておくといいでしょう。

必要な道具はこれで全部。洗剤の候補をもうひとつあげておくとサクラのスッキリ酸もおすすめです。マクビーに比べパワーは劣りますが、安全性は優れています。状況に合わせて使い分けてください。

石鹸カスの落とし方

石鹸カスの落とし方は、お風呂のドアに酸性洗剤を塗ってからスポンジでこするというものです。むずかしい作業はありません。塗る、こする、流す、掃除の基本を知っていれば誰でも成功します。詳しくは次のとおり。

  1. ドア全体に洗剤を塗る
  2. 30分くらい時間を置く
  3. 小さな円を描くようにこする
  4. シャワーでしっかりすすぐ
  5. 乾燥させてできあがり

これで何をやっても落ちなかった石鹸カスがすっきりします。待ち時間については汚れの程度によって変えてください。30分は酷い石鹸カスを想定した時間です。軽い汚れならどんどん短くしていきましょう。

実際にやってみました。

石鹸カス

清掃前

お風呂のドアが真っ白になってます。全体が粉を吹いたようになっており、まるで冷凍庫のドアみたいです。このままでは他をどんなにキレイにしたところで、お風呂に清潔感は戻ってこないでしょう。

浴室ドア

清掃後

石鹸カスが落ちてお風呂のドアに清潔感が戻ってきました。ちょっと掃除をするだけで印象がまるで違いますね。ここまでキレイになるなら、掃除が苦手な人でも前向きに取り組んでもらえるのではないでしょうか。

コツ・ポイント

お風呂のドア(特に半透明の部分)は意外と傷が入りやすいです。洗剤を塗ったりこすったりするときは、やわらかい道具を中心に作業を進めて潜在的なトラブルを防ぎましょう。