浴室ドア | フラップに固着した水垢の落とし方

浴室ドアのフラップに固着した水垢の落とし方を紹介します。お風呂を足元からキレイにする方法です。最近は水垢のせいでフラップが動かないお風呂をよく見ますが、これをやれば正しい状態に戻せます。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

浴室ドアのフラップに出てくる水垢は、柔らかくしてから落とすのが一般的です。今回は以下のアイテムを用意しました。

酸性洗剤
水まわりの掃除に欠かせない酸性洗剤。水垢の除去はこれがあるかどうかで作業性に大きな差が出ます。強い洗剤は必要ありません。ベトコのマッドみたいなリン酸ベースの洗剤でも十分キレイになります。
ブラシ
手が届かないところをキレイにしてくれるブラシ。フラップの掃除は細かい作業も多いです。手が届きにくいところに固着した水垢を落とすときは、ブラシを用意しておきましょう。
スポンジ
平らなところに発生した汚れはブラシよりスポンジがおすすめです。今はスポンジ自体に洗浄力持たせたものがたくさんあります。できればNCAのファブリックシートみたいなものを選びましょう。
タオル
洗い終わったパーツの拭き取り用に。変則的な使い方としては、脱衣所側へ水が行きそうになったとき堤防になってくれたりもします。フラップ掃除のあるあるなので覚えておいてください。
ゴム手袋
酸性洗剤による手荒れを防いでくれるゴム手袋。フラップの掃除ではケガ防止の意味合いも強いです。今は100均でも買えますから、掃除用にひとつ持っておくといいでしょう。

水垢の落とし方

どんな手順でやるの?

水垢の落とし方は、分解したフラップに酸性洗剤を塗ってゴシゴシやるというものです。むずかしい作業は何もありません。基本的にはスポンジとブラシが扱えれば誰でも真似してもらえます。詳しくは次のとおり。

  1. フラップを細かく分解する
  2. 洗剤を塗って5~10分待つ
  3. スポンジとブラシでこする
  4. 水ですすいで組み立てる

これで「ドアを閉めたのにフラップが上がってこない!」なんてことはなくなるでしょう。分解方法については、フラップのところにシールで貼ってあります。とてもシンプルな造りです。1回くらいは挑戦してみましょう。

字際にやってみました。

水垢

清掃前

フラップが水垢のせいでくたびれて見えます。おそらく何年も放ったらかしにされてきたのでしょう。このままではどんなに日常清掃を頑張ってもお風呂に清潔感は戻ってきません。

フラップ板

清掃後

水垢が落ちてフラップに白さが戻ってきました。何というか清潔感がまるで違いますね。ここまでキレイになるなら、掃除が苦手な人でも「ちょっと頑張ってみようかしら」と思ってもらえるのではないでしょうか。

コツ・ポイント

フラップの水垢は、洗剤の選択肢がたくさんあります。ひとつふたつじゃありません。基本的には酸と呼ばれるものなら何でもいけちゃうので、まずはあなたの家にある酸性洗剤で掃除をしてみてください。