石鹸カス | 浴室の床が白くなったときの対処法

浴室の床に石鹸カスが出たときの落とし方を紹介します。わずか3ステップでキレイにする方法です。石鹸カスは定番の汚れですから悩んでいる人も多いですが、これを覚えておけばメンテナンスが楽になります。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

今から説明するのは、石鹸カスというグループに属している酸性石鹸の落とし方です。キレイにするには以下の道具が必要になります。

アルカリ洗剤
酸性石鹸に効くアルカリ洗剤。重曹、炭酸ソーダ、苛性ソーダ、何でも構いません。最初は重曹あたりの穏やかな洗剤からはじめて、少しずつパワーを上げていくといいでしょう。
ブラシ
お風呂の床みたいにくぼみがある場所は、スポンジよりもブラシが効果的です。のちほど写真で登場しますが、毛先が短くてコシのあるブラシがあると快適な掃除ができるでしょう。
ゴム手袋
手荒れとケガの予防に。アルカリ洗剤を素手で使っていると手がピリピリしてきます。強力なアルカリ洗剤では手に穴が空くこともあるので、必ずゴム手袋を着用しましょう。
タオル
取りこぼしの確認用に。お風呂の床は濡れた状態だとキレイになったかどうかわかりづらいです。乾いてから「石鹸カスが残ってる!」なんてことにならないよう、最後はタオルで拭きあげてください。

水まわりでは定番の道具ばかりです。落としたい石鹸カスが金属石鹸の場合は、以下の記事で紹介している洗剤を参考にしてください。同じ石鹸カスでも洗剤が異なります。間違えないようにしましょう。

石鹸カスの落とし方

どんな手順でやるの?

石鹸カスの落とし方は、アルカリ洗剤を塗り込んだあとにブラシでこするというものです。難しくはありません。掃除の基本を順番どおりにやっていけば、誰がやっても同じ仕上がりになります。

実際にやってみましょう。

石鹸カス

1. 床の状態を確認する

掃除を始める前のチェックは必須です。全体をぐるりと見回して傷や劣化がないか確認しておきましょう。もし何か見つかったとしても、そこを避けて掃除をすれば問題ありません。

2. 洗剤を塗ってこする

アルカリ洗剤を30センチ四方に塗り込み、すかさずブラシでこすります。このとき大切なのは手の動かし方。小さな円を描くように手を動かすと、キレイな仕上がりになりやすいです。

浴室の床

3. すすぎをしてタオルで拭く

ここまできたら終わりはすぐそこ。目視と手の感触でキレイになったのを確認したら、シャワーですすぎをしてください。そのあとに乾いたタオルで拭きあげるとピカピカの床が顔を出します。

コツ・ポイント

ザラザラした床に石鹸カスが出ている場合は、早めに掃除をしないと張りついて落ちなくなります。もし上手くいかないときは、アルカリのpHを上げて再チャレンジしてください。きっと成功するはずです。