蛇口のカルキ汚れがウソみたいに消える方法

蛇口のカルキ汚れがウソみたいに消える方法を紹介します。くすんだ蛇口がピカピカになる方法です。内容的には大したものじゃありませんが、選択肢のひとつとして覚えておくと役に立つでしょう。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

蛇口のカルキ汚れを落とすのに洗剤は必要ありません。今回は以下の道具だけでキレイにしていきます。

研磨剤
物理的にカルキ汚れを落としていく研磨剤。蛇口と相性がよくないクリームクレンザーは使いません。その代わりに、キズの心配がなく蛇口の光沢アップにも期待できるBruce’s GSRを選びました。
スポンジ
スポンジにも研磨剤を配合したものがあります。その名はNCAのファブリックシート(青)。ナイロン不織布に砥粒を固着したこのスポンジは、軽い汚れなら水だけで掃除ができます。
タオル
すすぎをしたあとの拭き取り用に。蛇口みたいにメッキ加工をした設備は、最後に乾いたタオルで拭いてあげるとピカピカに光ります。新品を目指すなら必ず用意しましょう。
ブラシ
複雑な形をしている蛇口は、スポンジだけでキレイにできるほどカンタンではありません。スポンジが入らない繋ぎ目やすき間は、ブラシを使って汚れをかき出してあげましょう。

ご覧のとおり研磨剤が活躍する手順です。洗剤を使わないメリットについては以下のようなものがあります。

  • 待ち時間が要らない
  • 仕上がりが安定する

洗剤が『どれくらい浸透したか?』を気にしなくていいのは、慣れていない人にとって安心感があります。詳しい手順は次のとおり。

カルキ汚れの落とし方

どんな手順でやるの?

カルキ汚れの落とし方は、GSRで蛇口の表面を磨くというものです。これはガラスをキレイにする技術を応用したもので、輝きが欲しい場面では素晴らしい仕上がりを見せてくれます。詳しくは次のとおり。

  1. 蛇口全体をシャワーで軽く濡らす
  2. GSRをスポンジにつけてゴシゴシ
  3. 汚れが落ちたら水ですすぐ
  4. 乾いたタオルで拭いてツヤ出し

これで真っ白になっていた蛇口が生まれ変わります。キレイになる仕組みは、GSRのアルミナシリケートがカルキ汚れを削ぎ落とし、獣脂石鹸で深い輝きを与えています。ビフォーアフターで見てみましょう。

カルキ汚れ

清掃前

本来はピカピカに輝いているはずの蛇口が、カルキ汚れによって真っ白になっています。これではどんなに鏡や浴槽の掃除を頑張っても、お風呂に清潔感が戻ることはありません。

蛇口

清掃後

輝きのかけらもなかった蛇口に光が戻ってきました。まさに劇的ビフォーアフター。洗剤に頼らずにここまでやれるなら、今後のメンテナンスはこれに任せてもいいかもしれません。

コツ・ポイント

カルキ汚れは、蛇口の正面だけでなく裏側や奥側にも出ています。手が届きにくい、見えづらい、いろいろ事情はあると思いますが、そういった場所に時間を掛けるほど新品に近づくので、粘り強くやってみてください。