水垢がよく落ちるダイヤモンドパッドの使い方

水垢がよく落ちるダイヤモンドパッドの使い方を紹介します。一度は諦めた水垢にも効果がある方法です。手順はメーカーが推奨するものと似ていますが、この使い方を覚えておくと鏡を別物みたいにできます。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

ダイヤモンドパッドで気持ちよく水垢を落とすには、鏡との共有結合を弱めるものが必要です。今回は以下のアイテムを用意しました。

ダイヤモンドパッド
ブロックタイプは手磨き用で、シートタイプは電動工具用です。研磨剤の粒子の大きさが揃っているほど上質な仕上がりになりやすく、傷も入りづらいと言われています。
酸性洗剤
前処理剤として利用します。コスケムの酸性ヌリッパーみたいに時間を置いても鏡を焼かないもの、水垢の共有結合を弱める力があるものを選んでおくと、快適な掃除ができるでしょう。
スクイジー
取りこぼしの確認用に。掃除の途中にサッと水を切ると、どれくらいキレイになったかすぐわかります。面倒だとやらない人が多いですが、鏡の掃除では必ず用意してください。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。ダイヤモンドパッドだけならともかく、今回は酸性洗剤も使います。今は100均でも買えますから、掃除用にひとつ持っておくといいでしょう。

この4つで鏡の水垢を落とします。酸性洗剤についてはクエン酸でも乳酸でも構いません。結局は酸焼けしなければいいのです。使い慣れていないものより自分に合ったものを選んでください。

ダイヤモンドパッドの使い方

どんな手順でやるの?

ダイヤモンドパッドの使い方は、酸性洗剤で前処理した鏡をゴシゴシ磨くというものです。むずかしくはありません。前処理といっても事前に酸性洗剤を塗るだけですし、それ以外の工程もよくあるものばかりです。

  1. 酸性洗剤を隙間なく塗る
  2. 20分ほど時間を置く
  3. ダイヤモンドパッドで磨く
  4. 洗剤の成分を水で流す

平凡な手順に不安を覚えたかもしれませんが、これさえやっておけば水垢は残りません。なぜなら先ほども説明したように、鏡と強く結びついていた水垢の結合が弱まるからです。

結合が弱まった水垢は普通の水垢。ダイヤモンドパッドで磨かれたら崩れ落ちるしかありません。実際にやってみました。

水垢

清掃前

白い水垢のせいで窓の映り込みがぼやけています。見たところ5年ものくらいでしょうか。このままだと清潔感が失われるだけでなく、鏡としての役割すら果たせなくなるかもしれません。

鏡

清掃後

水垢が落ちて鏡がピカピカになりました。透明感、清潔感、まるで別物みたいです。実際、この手順を上手くやれば、鏡を交換したのと同じくらいの効果が得られます。しつこい水垢に困っている人はお試しください。

コツ・ポイント

今回は前処理の時間を20分としましたが、洗剤、汚れ方によって変動します。各家庭によって適切な時間は変わるので、まずは10センチ四方くらいでテストをしてから本番をやるといいでしょう。